ある日私の自宅に電話がかかってきた。マンションの話で、いつもの如く「ウチは結構です~」と言って電話を切ろうとした。

単なる勧誘。今まで真剣に話を聞いたこともなかった。しかし切り際にこう言われた。「保険、切れますよね?」たしかに私の加入している保険は数年後に切れる。

「何の関係がある?」と聞き返した。これが間違いだった。結果として、私はマンションの一部屋を買った。

なぜかというと、マンションが保険の代わりになると言われたからだ。「マンションを今買って、十年後か二十年後に売れば金になる。」このような言葉に乗ってしまった。

ここだけ聞くと、馬鹿な奴だと思うかもしれない。自分でもそう思うが、彼の話を直接聞くと何故か納得してしまう。口が上手すぎるのだ。

騙されている時は騙されているとは思わないものなのだ、と気づいた。その話を家族にしたら、案の定「騙されてる」と言われた。だか時既に遅し。

金は払ってないものの契約は済んでいた。解約を申し出ると違約だと言われ、結局50%支払うことに。しかも一括払い。ぼったくりで、やはり詐欺だと思った。

そんな大金は無いので、金を借りて払った。保険として金が入るどころか、出て行ってしまった。

騙された後の借金は悲しいものです。借金をするなら、納得した上でした方がいいです。