社会人になって初めてローンを組みました。

ローンを組んだ名目は車(ランドクルーザー)の購入資金です。

なにせローンなど今まで組んだことがないのでどうすれば良いのか全然わからないことだらけでした。労働金庫のローンを選んだきっかけは、友人のすすめでした。務めている会社に労働金庫の職員が訪問してローンについての詳しい説明をしてくれるのです。


また、入社1年目だと一番低い金利となることも決めてのひとつでした。

ローンを組むにあたって、必要な書類を提出しなければならないのですが、これがかなりめんどくさかったです。小さい文字でびっしりと書かれた書類が何枚もあり、自分で記入する項目以外にも保証人等の項目もあったり、さらに印鑑証明等の証明書も必要になりました。

今思えば多額のお金を借りるのですから当たり前だと思いますが、その当時では非常にめんどくさいと感じました。(笑)ローンを組むときには、車を購入する勢いがありましたので、毎月の返済額がこれくらいになっても大丈夫という気持ちがありましたが、いざ返済が始まってしまうと大変だということがじわじわと分かってきました。

次回以降、お金を借りるときはしっかりと自分の返済能力に気をつけて考えたいと思います。