結婚から1年でのスピード離婚。

独り暮らしをするために、家電や生活用品を一から買い揃える必要がありました。

しかし離婚当時の貯蓄は、ほぼアパートの契約金や敷金・礼金に使われてしまい、手元には数万円しかのこりませんでした。

慰謝料や教育費の支払い等は無かったため、損害はほとんどありませんでしたが、貯蓄があまり無かったのが痛手です。

そこで、銀行から50万円借り入れをすることにしました。

返済期間を長くして、金利手数料の支払いを少しでも減らしたいので、期間は12ヶ月に設定。

一月辺り、約4万5千円になります。

当初の計算では、その返済計画であまり苦労はしない予定でした。

が、実際に生活してみて、月収から経費を差し引くと手元に残る金額は3万円ほど。

自炊することで何とかしのいでますが、食費のみで済むわけがありません。

洗剤や消耗品の購入も含めば、完全に赤字になります。

友人の結婚式も行けずじまい。

借入時の計算の甘さが原因です。

それに、家具家電の見積もりも甘く、50万円では足りない状態です。

独り暮らしの経験が全く無く結婚したため、生活にかかる諸経費は「こんなもんか」という印象で、ここまでかかるとは想像できませんでした。

結婚当時、夫婦である程度の貯蓄があったため、買い揃えた家具家電はハイグレードな物ばかり。

そんな環境で生活していて、独りになった時、生活レベルをなかなか落とせなかったのも原因の1つ。

離婚して、前妻の家を出る歳、あまり時間が無く、急いで計画したのも原因です。

いくつかの原因が重なり、現在は生活がギリギリです。

結婚後1年というスピード離婚ということがあり、周囲や両親にも相談をせずに、借金しました。

プライドを捨てて、周囲に相談して、吟味して借金するべきだったと、後悔しております。